広告nend

スマートフォンの費用を安くする!DSDVとはなんぞや

スマートフォン

ahamoやpovo、LINEMOなどが大手キャリアから発表され、あまり恩恵が無くなった2021年ですが、今更ながら解説させてください。

DSDSから知ろう

DSDSとはデュアルSIMデュアルスタンバイの略で、一つの端末で2つの電話番号で管理出来る上に、どちらでも通信・通話が出来るというスグレモノ。

これが出来たために、携帯2台持ちというアホみたいなスタイルから開放された方も多いハズ。筆者もその一人で、現在も仕事用とプライベート用の2枚のSIMを挿して運用している。

ただ、コレが本当によかったのは、通話用と通信用に分けられた事で、通話は大手キャリアで契約して、通信はMVNO等の安いプランで契約する・・・という使いかた。

冒頭でも紹介したように、今では大手キャリアが3,000円以下で20GBもの通信容量を提供してしまった現在、あまり需要があるようには見えない。

じゃぁDSDVってなにさ?

DSDVとは、デュアルSIMデュアルVoLTEの略で、細かい事は説明しませんが、DSDSとほとんど同じと考えて良さそうです。デュアルVoLTEって言うくらいだから、両方のSIMで4G(LTE)で接続出来るという事でしょう。

現在販売されている、SIMが2枚ささる端末は大体これ。

DSDVって何がいいの?

結局2番号を一つの端末で管理出来るのが良い。というだけになってしまいました。

筆者は、1つは通信をほとんどしないので話し放題をつけたY!mobileのSIM。もう一つはOCNの通信プランを契約した通信専用SIM(一応通話も出来る)という2枚ざし。

プライベートと仕事で2番号あるような人は、このDSDV端末検討の価値がありそうです。

ちなみに、メーカーによってはデュアルアプリに対応していたりして、LINEなど電話番号に紐づくものは2つ端末に作れたりします。ちょっと便利かも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました