ドンキの情熱価格ワイヤレスイヤホンを購入しました。

完全ワイヤレスイヤホン

先日発売されたドン・キホーテの情熱価格のワイヤレスイヤホン。3,000円と格安なのに、低遅延・高音質を実現した商品とのことで、とにかく楽しみだ。

早速購入したので、簡単にレビューをしていきたい。

外観から

まずはパッケージを見ていきたい。

表面は先日の投稿の通りのままで、裏面が窓になっており、本体が見られるようになっておりました。今回は家にある黒とか白のTWSにまざらないように青を選びました。

箱の側面にはでかでかと低遅延の文字。この製品の自信が伺えます。

中身はこんな感じ。すでに本体に装着済みのイヤーピースを含め3パターンの大きさのものが付属します。本体ケース裏面にはGREEN HOUSEとデカデカと書いてあります。個人的には、その昔はGREEN HOUSE製のPC周辺機器などを使っていた記憶があり、とても懐かしい名前です(メーカーさんすいません)。素直に嬉しいです。

ケースと本体はサラサラのつや消し加工がされており、質感は悪くありません。

本体底面といったらいいのでしょうか。そこにType-C端子が付いており、そこからケースの充電を行うようです。そのため自立せず、横倒しのような形で充電する必要があります。でも、これは意外と合理的かもしれません。充電時のLEDも上から確認できますし、自立する必要性がありません。

今所持しているTWSたちと大きさ比較してみました。

こうやって見ると、比較的大きいのが分かります。イヤホンの形がスティック型のような形をしているので仕方ないのかもしれませんが、やや大きいですね。ただとても軽いです。

実際に聞いてみて

操作について
左右のイヤホンをタッチするセンサー式です。好みが分かれるところですが、私は好きではありません。誤動作も多くなってしまいますし。物理式が好きです。
また、専用のアプリなどもないために、スマホから操作ということができません。イコライザーなどがあれば、もう少し音質の変更ができたかもしれないので、惜しいですね。

音質について
記事では非常にお伝えしづらいのですが、音質は悪くありませんが、良くもありません。AnkerのSpace A40と比べたのですが、全体に解像感が足りず、低音も弱く感じました。
ANCが付いていないのも音が軽く感じられる要因かもしれません。
※本当に詳しくなくて申し訳ないのですが、TWSでもエージング的なものはあるのでしょうか。それによって音質が良くなるなら、しばらく聞いてみてもいいかもしれません・・・

低遅延について
本機には、Game Mode(低遅延モード)が搭載されており、初期ではMusic Mode(通常モード)となっております。右のイヤホンを2秒長押しタップすることで低遅延モードに入るのですが、これがなかなかに操作し辛いです。また、実験ではYoutubeの人が喋っているものを見たのですが、通常モードでも遅れを感じなかったため、効果があるかどうか分かりませんでした。低遅延モードの効果は分かりませんでしたが、遅延がなかったのは優秀といえると思います。もしかしたらBluetooth5.3対応の効果なのかもしれませんが。

(2023年6月21日追記)

改めてPCとペアリングして、Echo Budsと聴き比べてみました。するとどうでしょう!GameModeはかなり低遅延ということが分かりました。同じくYoutubeを見ていたのですが、かなり違います。MusicModeでは体感出来ず、GameModeでのみ体感出来たので、かなり低遅延機能が優秀だと思われます。その分バッテリーは消費するそうですが・・・

結局買い?

非常に判断が難しいですが、買っても良いとは思います。

Bluetooth5.3対応で、スマホとの接続もスムーズで、途切れも今のところありません。当たり前ですが、ケースから取り出すとすぐにスマホに接続されます。

音質に関しては今ひとつですが、低遅延は実現しているようなので、ゲームで使うなどは良いかと思います。何と言っても価格が安いですからね。

GREEN HOUSEという日本のメーカーであるところもサポートなどを考えると良いですね。


レビュー動画をアップしましたので、ぜひ合わせてご覧ください。