格安N100ミニPC環境を整えてしまいました。

WINDOWS

本日は、前々から気にしていた、N100搭載ミニPCのをついに購入してしまった話です。

PCいらないのに、N100の実力を見たくてみたくて仕方がない、一種の病気だと思います。

そしてミニPCを導入するなら、一緒にモバイルモニターを、そしてキーボードとマウスも新調いたしました。

実はこのPCとか周辺機器を選んでいる時が一番楽しいのかもしれない。そして届いて確認したら使い道がない。。。なんて事はよくあることです。

縛りは40,000円(税別)。

まずは本体

まず本体です。これが、通常29,999円のものが5,000円オフクーポンが出ていると聞いた、BMAXのやつです。

ちなみにBMAXは以前にGPSがついているタブレットを購入した事があり、初めましてではございません。

メモリが16GBもあって、ストレージ(SSD)も512GBとほぼ完璧な布陣です。

懸念点があるとすれば、メモリがDDR4というところか。ミニPCでも最近はDDR5のものが出回ってますものね。

とても残念なのは、Wi-Fi5な事。Wi-Fi6がとても快適な事は知っていますから・・・有線で使う事になるかもしれません。

ちなみにOSがWindows11が載っているはずなのですが、Linux(Ubuntu)/ Windows11 Proというなんとも微妙な記載になっています。

一応簡単なスペックだけ、表にしておきます。

メーカーBMAX
型番B4 Plus
CPUN100
メモリー16GB(DDR4
ストレージ512GB(SATA接続
外部接続2x USB 3.0 、2x USB 2.0 、1x USB Type-C
2x HDMI 2.0(4K Ultra HD出力)
1xイヤホン/マイクジャック
1xイーサネットポート(1000Mb LANに対応)、1 x DC電源入力ポート
OSWindows11 Pro
重量720g
通信規格Wi-Fi 5/BT4.2

これで24,999円!買わなかったら、何を買う?そんなレベルの破格具合です。

モバイルモニター

どうせミニPCを買うなら、モバイルモニターも必要だろうということで、こちらも物色。

4K、2Kディスプレイがあったり、120Hzとか144Hz駆動のものがあったり、10インチレベルから18インチまで、モバイルディスプレイはすごいですね。今結構熱いのかも。

ただ、ここにお金をかけては意味がない。聞いたことのないメーカーのものを購入いたしました。決めては、スタンド機能のあるカバーがついていた事。

解像度1,920 x 1,080で15.6インチとホント普通のディスプレイです。ただ、非光沢IPSディスプレイというのはプラスですね。

スタンド保護カバーがついて、12,980円(そして1,000円オフクーポンあり)。

キーボードとマウス

最後に必要なインプットデバイス。

コンパクトな見た目に期待して、ロジクールのこちらを選択。

レビューには「おもちゃっぽい」などの悪い評価もありましたが、ロジクールへの絶対的な信頼のもと、こちらを購入させていただきました。

お値段は2,994円。

合計は?

気になる価格合計は、(24,999円+11,980円+2994円)で(39,973円)という奇跡のような金額で40,000円を切る事に成功いたしました!

40,000円でどこまで快適なPC環境が作れるのか、届いたらレビューいたします。