Evernoteの後釜はUpnoteで決まった。

ネットサービス

Evernote難民のみなさまこんにちは。

わたしも難民です。いやでしたといったほうが正しいかもしれない。

先のエントリーで、当面はGoogleKeepでやっていく。そう決めたのに、もう心変わりです。自分でも信じられないスピードです。

というのも、素晴らしいノートサービスを見つけてしまったからです。

GoogleKeepより、素晴らしいのは、そのインターフェース。Evernoteにかなり近いルック&フィールを実現しているアプリがありました。それが・・・

UpNoteです。

いまさらのご紹介になりますが、何が良いかをだけ、簡単に説明させてください。

UpNoteって何?

そもそもUpNoteって何?という人もいるでしょう。

そんな人はこちらを見ていただきたい。

Best Notes App - Write and Organize with UpNote
UpNote is a clean and beautiful app for writing and organizing notes. It’s easy to use with rich features and delightful...

ベストノートです。

ノートにメモ書きをして、ノートブック(フォルダ)やタグで分類できるというもの。

ノートは、太字や打ち消し線、ハイライトなど簡易的な装飾に加えて、箇条書きやファイル添付、リンクの挿入などにも対応している。

ちなみに筆者は使わないが、Markdownの記述にも対応しているらしい。

Chromeの拡張機能にUpNote Web Clipperというのもあるので、まさにEvernoteライクに使用できる。

要は、Evernoteのようなノートアプリ(サービス)です。Windowsにも、Andoroidにも、Apple(iPhone,iPad,Mac)にも対応していて、同期ができる優れもの。なんとLinuxにも対応

無料で使えるの?

最初は無料で使用する事が可能だが、ノートを50作るところまで。それ以上は有料課金が必要。だからガッツリ使うユーザーは課金必須と考えてもらいたい。

ただ、この価格がとんでもなく安い。

英語で書いてあるけど、Andoroidアプリだと、100円/月か3,480円/買い切り(これでも値上げをしたらしい)で使うことができるという。ただ、Windowsにインストールしたアプリからの課金には非対応だった。Microsoftストアからインストールすれば、すんなり課金できるのかもしれない。

正直、こんなに安くてやっていけるのか心配になるけど、今まさにEvernote移籍組が大量にいるので、バブルがやってきていると思う。是非とも設備増強に勤しんでもらいたい。

また、Evernoteのように、機能追加を行って、動作不安定になるような事はやめてほしい。とにかくサクサク動作、素早く同期が大前提なので、そこを守って欲しいところ。

Web版がないのが、Chromebookユーザーにはつらいところ

このUpNoteはEvernoteのようにWeb版が用意されていない(2024年2月5日現在)。

そのため、ChromebookではAndoroidアプリを使用する事になろうかと思う。なんにも問題がないのだが、少々気持ち悪い。ぜひWeb版を出してもらいたいところだ。

ちなみに、N100のミニPCにインストールして使用してみても、本当にサクサク動作で、同期も素早い。

つまり、結構非力なPCでもサクサク動作、サクサク同期をしてしまう、恐るべきアプリなのだ。メモアプリなので、本来それくらいはやって欲しいが・・・

こんなに安くて良いの?というレベルの神アプリを発見したような気がする。2024年の優勝が早くも決まってしまった模様だ。

このアプリ、当然ながらEvernoteからの移行をしやすいように、Evernoteからエクスポートしたデータをインポートできるようにしてある。ただ、インポートする際にこの画像のような注意が出る。やはり大量のデータでは動作が不安定になるのか・・・しかも20MBまでのファイルというのは、どの程度インポートできるものなのか・・・しばらく使ってみないとなんともいえないが、買いきってしまったので、後の祭りだ。